企業の業績に貢献できる人材育成コンサルタント養成講座

企業の業績に貢献できる人材育成コンサルタント養成講座

あなたは経営者に自信を持って人材育成を提案できますか?

この養成講座でしっかり学んで実践すれば、経営者に自信を持って提案し、成果を出すことができるようになります。経営者だけでなく、社員からも感謝され、会社の業績に貢献することができるようになるのです。

本講座は人材育成コンサルタントの方、またはこれから人材育成に取り組んでいこうと考えている方には最も有益な学びと実践の場となります!

打ち合わせで説明するまでは不信感を持たれていました。
でも説明したら「その通りです。まさにこれが必要なんです!」と言われ、
研修をすることになったのです。

詳しくはこちら

本講座の特徴

本講座は次の特徴があります。
講座受講中に成長してこちらが任せられると判断した方には人材育成の研修の場を提供します。報酬をお支払する場合、個別に条件を提示して了承された方にお任せします。アドバイスをしながら一緒に取り組むのでご安心ください。

学ぶだけでは終わらせない実践型の養成講座です。

  • 【その1】 カリキュラム以外で実際にセミナーや研修の現場を見学することができます。
  • 【その2】 受講期間中に報酬を得て、コンサルティングの実践の場が提供されます。
  • 【その3】 終了後は一緒にコンサルティングを実施する機会が提供されます。
  • 【その4】 自分の強みを見出すことができます。

経営者は業績の向上、円滑な資金繰り、人材育成など日々様々な問題を抱え、頭を悩ませています。その中でも業績の良し悪しに関係なく人材育成を課題としていない経営者はいないと言っても過言ではないでしょう。

類型ごとの小規模事業者の経営課題
【参考資料:類型ごとの小規模事業者の経営課題】
(全国商工会連合会「小規模事業者の事業活動の実態把握調査」に基づき中小企業庁作成)

世の中の経営者が人材育成に関して次のようなことで悩んでいます。

  • 会社で人を育てるという風土がない
  • 社内に自分の右腕(No2)となる人材がいない
  • 社員が指示待ちで動かない
  • 組織がバラバラでまとまっていない
  • 管理職が人を育てられない

本講座は、これらの悩みを解決できる本物の人材育成コンサルタントを育成します。

世の中には様々な人材育成の理論や手法がありますが、その通りにやってもなかなか上手くいかないという人が多いのではないでしょうか。

次のような誤解を抱いている人もいるかと思います。

  • 楽しいと思われる研修をやれば、きっと社員は良くなるに違いない
  • 褒めたり、ワクワクさせなければならない
  • 有名なコンサルタントの教材をマネしてやれば良い
  • 軍隊式の厳しい研修をやれば効果がある
  • 良い研修をやるには話し方、構成が重要である
  • 感動するような良い話をすることが大事である
  • 自分の殻を破らせるために大声で叫ばせることが必要である
  • 社員に嫌われてはならず、仲良くなることが大事である

本物の人材育成のコンサルタントとなるためには絶対に知っておかなければならないことがあります。
それを知った上で実践していくことで人材育成における経営者の悩みを解決し、
信頼される存在になることができます。

しかしそれは市販の書籍には書かれていない本質的なことです。

本講座のプログラム

セミナー風景

本講座では、企業の業績に貢献できる人材育成コンサルタントになるために必要なスタンスと技術をお伝えします。

このような実践的な内容をお伝えします!

  • 10人中10人の経営者が共感した人材育成基礎工事とは
  • 97%の人が知らない自分の強みの活かし方
  • アドラー心理学における『勇気づけ』の実践方法
  • 会社の業績が上がっていく構造と進め方の手順
  • 結果が出る研修プログラムの作り方 <一般社員編>
  • 結果が出る研修プログラムの作り方 <管理職編>
  • 要らないコンサルタントと求められるコンサルタントの違いとは
  • コンサルタントが社員から本音を引き出すために必要な3つのこと
  • 経営者から信頼されるコンサルタントに成長するために必要な3つのこと
  • 外部コンサルタントに対する社員の本音
  • 受身社員を自立型人材に育てるための『教えない教育』とは
  • 業績が上がる『鉄の結束の組織』の作り方
  • 組織で人が成長する12段階の工程とは
  • 管理職が部下を自立させるためにやるべき10の掟
  • 反発する社員をやる気にさせるコンサルタントの在り方
  • 成果を出すコンサルタントに必要な対応力の磨き方
  • 相手が依頼したくなる人材育成コンサルタントの営業方法

受講をおすすめする方

このような方に受講をおすすめします

  • 人材育成をやってきたが結果が出ず、どうすればいいか悩んでいる方
  • 何をやっても受講者に変化が見られないと悩んでいる方
  • 自己流でやってきたが何をやれば良いのか悩んでいる方
  • 人材育成を収益の柱にしていきたい方
  • 社会保険労務士で人材育成に特化していきたい方

参加者の声

社会保険労務士 青木 琢子さん

実践で顧問先のコンサルを始めたところ、従業員さんが動き始めた!と社長様から感謝のお言葉をいただきました

私はずっと、自分の【売り】を何にするかを悩んでいました。
「お金さえ払えば答えがみつかる。教えてもらえる。」という妄想を描き、色々な高額セミナーに参加したり、大量のノウハウ本を買いこみ本棚からあふれている状態でした。

約1年前、さすがにそれは妄想だと気づきだしたころ、野崎さんのセミナーに出会い、すっかり野崎さんの魅力にひきこまれてしまいました。その後、この養成講座の案内をいただき、怪しさ満載のホームページに引きながらも興味はMAX。

「野崎さんの師匠ってどんな方だろう?」「私でもできるのかな?」と不安で一杯でしたが、勢いで受講してしまいました。

結果は・・・三井さんにお会いして、不安はなくなりました!もう他の何とかノウハウとかを学ばなくても良いという安心感を得、これをしっかり習得すればどこでも戦える!という自信が湧いて、自分に対する焦りがなくなりました。

これほど親身に育成してくださる講師に会ったことがありません。私は、まだまだもがき苦しんでいる途中ですが実際の行動量は確実に増えたと思います。7月からは実践で顧問先のコンサルを始めたところ、従業員さんが動き始めた!と社長様から感謝のお言葉をいただきました。

社会保険労務士 橋本 誠一郎さん

『自分も「強み」を引き出せるようになる!』という想いを固めました

受講のきっかけは・・・、野崎さんに誘われたからです。ただ、野崎さんから、師匠の三井さんや「強み」についての話しを聞いていたので興味があったのは事実です。

初回を受講して、興味は深まったと同時に、よく分からない「モヤモヤ感」が残りました。その後、三井さんのセミナーで、受講生の「強み」を引き出しているのを見る機会がありました。「強み」を引き出された受講生が大きく変わる様子を目の当たりにして、『自分も「強み」を引き出せるようになる!』という想いを固めました。

講義は「教えない」「とにかくやる」という今までにないもので、とても戸惑いました。しかし、自分自身が経験することにより、自立するには「教えない」「とにかくやる」ことこそが最も効果的であることを実感しています。

これからの人材教育は、本当に成果を出せるものでないと生き残れないと考えています。この「強み」引き出しこそが、これからの人材教育の主流になっていくと信じています。

社会保険労務士 吉岡 早苗さん

自分の「強み」がわかってきて、今はとてもいらぬ力が抜けて「行動」できるようになりつつあります

この養成講座のキモは、まさしく「行動」にあります。ひとが成長する、育つというのは、この「行動」しかありません。自らが行動する、ひとを行動させることを狙っているのがこの養成講座です。私が入学したときの決意表明は、「人を動かす、そのために自分が動く」でした。

普段、中小企業の社長と関わらせて頂いていますが、どの社長も「社員を自律型(自ら考えて動く)にしたい」と思っています。そんな社長の支援をするために、ここで学びたいと思ったのです。

当初は、「ひとの強み」を発見するノウハウが習得できるものと思っていましたが、実際に入学してみて、その講義内容は、想像していた以上、いや想定外だらけのものでした。なので、正直戸惑うことばかりでした。

実際にここで学べるものは、決して他では学ぶことのできない「ひとの行動」の本質です。ひとはどんなときに「行動」するのか、その覚悟・勇気のスイッチがどう入るのか、そしてそのスイッチをどう引き出すのかというものです。そのためには、ひとを大好きになって、そして自分の「強み」を知って活かさなければなりません。

そこまで、やらされる(単に「教える」のではありません。)のがこの養成講座の特色かもしれません。
講師(私は「師匠」と言っていますが)は、三井さんですが、持っていらっしゃる考え方やノウハウがその本質なのです。

そして一番弟子である野崎さんもそれを踏襲しているのですが、正直お二人ともいい意味での「変態」であります。だからこそ、この養成講座が成立しているのです。

私も実際に、自分の「強み」がわかってきて(引き出されて)、今はとてもいらぬ力が抜けて「行動」できるようになりつつあります。これができると、かかわる中小企業の社長の思いを実現させることができるようになります。

そして、この養成講座には、この「中小企業を元気にして、日本経済を活性化させる」というとても素晴らしい大志があります。この大志に共感する人は、こうした素晴らしいメンバーと是非一緒に学んでみませんか。

講師紹介

デストロイ・ジャパン株式会社 代表取締役 三井 豊久

代表取締役 三井 豊久

2013年7月に人材育成専門コンサルティングを行うデストロイ・ジャパン株式会社の創業メンバーに加わり、 代表取締役に就任。

高校を卒業後、日本中を放浪し、その後夜間で桑沢デザイン研究所をなんとか卒業するがその後家出の癖が 抜けず自由気ままな生活を繰り返し気が付くと27歳になっていた。

本格的に働かなければならない年齢だが就職先も見つからず、先輩の会社設立のメンバーに加わり、いきなり 取締役として人生初めて会社勤めをスタートする。2年間の充実した商売も仲違いで解散し、29歳で販売促進の企画デザイン・製作会社、有限会社ルーマスを設立し0からの再スタートを切ることになる。

何もない状態から電話帳を上から順番にテレアポし、暇さえあれば飛び込み営業をひたすら繰り返す日々を送り従業員5人でデザイン会社では当時一流の証である年商1億近くまで行くことになる。

しかしバブル経済もはじけ売り上げが下がり、おまけにメーカーを目指して商品開発に手を出してしまい多額の借金を背負い12年間で解散し、一人のマイナスからのスタートを切ることになる。

戦略と人材育成なき経営の反省をもとに「自分に何ができる?」
「自分は何が得意?」「自分の強みは何?」を黙々と考えるも答えは出ず、
今までお世話になった飛び込み営業して獲得したお客様にマーケティングすると自分の強みが見えてくるようになった。

すでに42歳になっていたが、「人の強みを引き出し、行動させることで会社の業績を向上させる」という人材育成にすべてをかけ、 0から飛び込み営業して、人材育成コンサルティング会社として新たなスタートを切るとバブル経済の終わりと市場の変化で人材育成の需要が高まり、次々と顧問先を獲得でき、持ち前の強みと10年間の放浪で身に付いた「生きる力と行動力」により、顧問先の社員の強みを引き出し、会社の業績を向上させる等の成果を出していった。

試行錯誤の末に独自で確立させた人材育成基礎工事によって企業の業績向上に貢献し、中小企業の経営者から絶大な信頼を得ている。

デストロイ・ジャパン株式会社 専務取締役 野崎 大輔

野崎 大輔

2013 年7 月に人材育成専門コンサルティングを行うデストロイ・ジャパン株式会社の創業メンバーに加わり、専務取締役就任。

「教えない教育」を掲げ、自律した社員の育成と社員がやりがいを持って働く組織づくりに従事している。

大学卒業後は無職となり、独学で社労士を取得する。その後独立を視野に入れて就職し、専門分野を確立させるために経験を積む。最後の転職となるIT系の上場企業人事部門でメンタルヘルス対策を企画立案し、仕組みを構築し、実務対応まで行う。

在職時には採用業務にも携わり、問題社員対応、メンタルヘルス対策の主担当として社内のトラブルを激減させた実績を持つ。
 
2008 年8 月に社労士事務所を開業し、労使トラブルの紛争解決予防の中でも特に問題社員対応を専門として200件以上の案件に携わり、問題解決に従事する。労働基準監督署との対応、労働組合との団体交渉まで困難な案件にも携わる。

労使トラブルに関する連載コラムを毎週1本のペースで5年間継続し、出版、メディア 取材は多数の実績を持つ。
労使トラブルの根本的な問題解決をするには人材育成と組織改革が必要と考え、社外の人事部長として毎月訪問し「教えない教育」を行った顧問先はほぼ全てが業績向上、店舗拡大するに至っている。

三井から人材育成基礎工事の技術承継を受け、実践した企業で数々の成果を出している。自らが学びながら実践し、一番弟子として後進の育成にも取り組んでいる。

募集要項

授業料

5万円/月

入学資格

  • 素直であること
  • 誠実であること
  • 言われたことをやる人
  • 依存しない人
  • ワンランク上のステージに行きたい人

募集人数

10名以内

年間のカリキュラム(2015年度)

  • 下記のカリキュラムは状況によって順序、内容が変わることがあります。
  • 本講座の各回終了後に後日フォロー講座があります。
  • 時間は17時15分~20時15分までの3時間です。
  • 各回終了後に懇親会(実費で3,000~4,000円程度)があります。
日程 カリキュラム
4月20日(月) ・要らないコンサルタントと求められるコンサルタントの違いとは
・外部コンサルタントに対する社員の本音
・10人中10人の経営者が共感した人材育成基礎工事とは
5月18日(月) ・97%の人が知らない自分の強みの活かし方
・アドラー心理学における『勇気づけ』の実践方法
・人材育成基礎工事 その1
6月15日(月) ・成果を出すコンサルタントに必要な対応力の磨き方
・コンサルタントが社員から本音を引き出すために必要な3つのこと
・反発する社員をやる気にさせるコンサルタントの在り方
・人材育成基礎工事 その2
7月13日(月) ・経営者から信頼されるコンサルタントに成長するために必要な3つのこと
・業績が上がる『鉄の結束の組織』の作り方
・人材育成基礎工事 その3
8月17日(月) ・組織で人が成長する12段階の工程とは
・受身社員を自立型人材に育てるための『教えない教育』とは
・人材育成基礎工事 その4
9月14日(月) ・会社の業績が上がっていく構造と進め方の手順
・結果が出る研修プログラムの作り方 <一般社員編>
・結果が出る研修プログラムの作り方 <管理職編>
・人材育成基礎工事 その5
10月19日(月) ・管理職が部下を自立させるためにやるべき10の掟
・人材育成基礎工事 その6
11月16日(月) ・相手が依頼したくなる人材育成コンサルタントの営業方法
・人材育成基礎工事 その7
12月14日(月) ・実践報告会
・人材育成基礎工事 その8
1月18日(月) ・実践報告会
・人材育成基礎工事 その9
2月15日(月) ・実践報告会
・人材育成基礎工事 その10
3月14日(月) ・実践報告会
・人材育成基礎工事 その11

参加者特典

【特典1】パートナー認定

成績優秀者はパートナーとして一緒に業務を行うことができます。

実はデストロイ・ジャパン株式会社は行政の委託業務を受注しており、今後ますます業務の依頼が増えることが見込まれています。

その他にも様々な仕事の依頼が増えつつあります。該当者にはこちらから声をかけさせていただきます。卒業後一定のレベルまで到達した方はパートナーとして一緒に仕事をしていただくことも可能です。もちろん報酬もお支払致します。

【特典2】1年間 相談無制限

不明な点についてはメール、電話で相談することができます。

本講座の内容に限らず、仕事上のことや実際に企業に対して人材育成を実施していく中でどのように進めていけば良いかといったことも相談して下さい。

【特典3】現場同行

参加可能なセミナーや企業の研修の見学をすることができます。
最初はカバン持ちのような感じで経験してもらいます。強制ではありません。無理のない範囲で参加して下さい。

講座説明会を実施します

講座説明会を実施しますのでご連絡下さい。
日程は、個別に調整させていただきます。

講座説明会 お申し込みフォーム

下記フォームへご入力いただき、【確認画面へ】をクリックしてください。

都道府県[必須]
職業[必須]
備考